FC2ブログ

プロフィール

尾張くん

Author:尾張くん
女装少年愛なら日本一
自称女装少年界の海のリハクです。
blogの更新は週に二回くらいを
基本として更新しています。

アストルフォちゃんバナー

さいちゃんバナー

3号ちゃんバナー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

全力乙女

Category : 女装少年
全力乙女
幼馴染みの花ちゃんにも言えなかったぼくのヒミツ
それはぼくの秘密が「女装」ということ。

初めて女の子の服を着て外出したときに痴漢に遭ってしまい
その時助けてもらった大学生の修二さんとデートすることに──。

CUTEG
女装少年アンソロジーリボン組
女装少年アンソロジーすいか組
女装少年アンソロジーぶどう組
女装少年アンソロジーりんご組
女装少年アンソロジーすもも組
おはようございます。ドラクラではファイターを使っている尾張くんです。
鎧好きとしては彼一択で他を選ぶ可能性がない状況であります。

本日は先週7月27日に発売した「全力乙女」で更新。

これもまた一迅社発行の女装少年アンソロジーで連載されていた
同名タイトルに描き下ろしを加えた単行本作品となります。


望きゅん(女装)
日野西望(女装)

メインキャラクター
キャラクター紹介

全力乙女1(すもも組掲載)
全力乙女1

全力乙女2(りんご組掲載)
全力乙女2

全力乙女3(ぶどう組掲載)
全力乙女3

全力乙女4(すいか組掲載)
全力乙女4

全力乙女5(リボン組掲載)
全力乙女5

全力乙女+(描き下ろし)
全力乙女+


こんなに可愛い子が女の子のわけがない

素晴らしい、まるでこの言葉が形となったようだ

カバー裏2P、あとがき2P、扉絵1P
そして1話まるごと14Pの描き下ろしに加えて
今まで表紙などに使われた絵もカラー収録での単行本化。
これは発売日延期も納得の出来と言わざるを得ない!

掲載時から人気があり、実際僕もお気に入りの作品でしたが、
改めて単行本にまとめられると望くんの可愛さが更に輝きますね。

まさに男の子が可愛いと思える女の子な外見におっとりした性格で
所謂、女の子以上に女の子らしいという男の娘の完成形の一つを見事体現していて、
人気イラストレーターの実力ってのは伊達じゃないんだなと納得しました。

逆に一つ納得いかないのは結局中学三年か二年なのかよくわからん事です。
細かいことなんだけどこれは重要なファクターなので正解を教えて欲しい。
13歳と14歳、14歳と15歳、15歳と16歳、16歳と17歳、17歳と18歳。
この時期の1歳差が与える印象は20代以降とは違ってマジ重要(俺に)なので。

アンソロ掲載時に全力乙女が好きだった人はもちろん、
掲載してる画像を見て少しでも望くんを可愛いと思った人は
実際読んだらゆるふわ可愛い望くんに確実に堕ちるので是非、読んでね。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

No title

買わざるを得ませんな。
しかしどうしても女装してない時の方が可愛く思えてしまう。
そのままの君でいいんだよ!

No title

第一話を初めて読んだ時の衝撃たるや・・・おまたフニった後の「僕・・・女の子なんです!」にやられました。あと望くんって無理矢理着せられるでも無いし、平然と女装してるタイプでも無く、家族にも内緒で自発的にこっそり女装しだしたわけで、密かに女少アンソロの娘の中では変態度が高いと思います。
cutegさんやっぱりたまに日本語怪しいのが気になったりするけど、描きおろしあるみたいなんで買うしかない

No title

やっと出ましたか。あの作品の中ではお気に入りの作品の一つなので
後で買ってきます。幼馴染の女の子の葛藤が話により深みを加えていますね。

No title

>ALL
返信遅くて申し訳ありません。

>名無しさん@ニュース2ちゃんさん
確かに普段の姿も可愛いけど、望ちゃんに関しては僕はウィッグ着けた姿が良い派!

>名無しくん1
書き下ろしはいちゃいちゃ感強いのでいいですよー。

>名無しくん2
3話目くらいの時はどっちに着地させる気なのかちょっと不安でしたね。

No title

単行本買ってきましたー。
もっとしゅーじさんとの絡み(というかしゅーじさん側の葛藤)とかあったらもっとよかったんですがね。後書きにもあったしゅーじさんと望きゅんの姉が同じ大学設定、実現してほしかったです(´・ω・`)
まぁそれでも最後の書下ろしには萌え死にました。

No title

>Kizunaさん
書き下ろしはホント甘々に徹してましたからね。
エピローグにどんなのが求められてるのかよく分かってますよ作者さんは。
非公開コメント

  

ブログ内検索

最近の記事

つぶやき

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード