FC2ブログ

プロフィール

尾張くん

Author:尾張くん
女装少年愛なら日本一
自称女装少年界の海のリハクです。
blogの更新は週に二回くらいを
基本として更新しています。

アストルフォちゃんバナー

さいちゃんバナー

3号ちゃんバナー

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

夢幻廻廊 たろ

Category : 女装少年
たろ

夢幻廻廊
「――そう、名前もないのね」
黒の喪服のようなドレスを着た一人の見目麗しき妖艶な夫人の姿があった。
その深い暗黒色は、夜光虫が漂う深海のようでもあり、
見つめていると盲目の深海魚のようになって
為す術なく水底へと引きずりこまれてしまいそうな…。

「妾(わらわ)が、あなたを拾ったの」
婦人の言葉を聞いて少年の瞳から唐突に涙が溢れ出した。
そう、少年には身寄りがなかった。
身寄りだけではない。彼には何もなかった。この世で唯一、孤独だった。
「あなた、何処へも行く場所がないのね……?」
婦人の言葉は優しく、少年の心を柔らかく包み込んだ。
涙が溢れたのは、少年のことを見つめてくれる人がいる

――ただそれだけのことが与えてくれる、安心感からか。
婦人の言葉のひとつひとつが、少年へ潤いに満ちた感情を与えてくれる。
人間らしさ――そう言って構わないのなら、その人に見られ、
言葉をかけられている間だけは、
自分が人間なのだということを実感することができるのだから。

「ぼくを……ここに置いてください」
気付けば少年は涙を流しながら婦人に懇願していた。
婦人は変わらぬ微笑を浮かべながら言った。
「貴方が望むのなら、“かとる”として、屋敷に置いてあげましょう」
抗うことを知らぬ少年は、彼女の美しさに圧倒されたからか、
それともこの幻想的な屋敷醸し出す雰囲気の所為か、
婦人に誘われるがまま、ただ――ただ、頷いた。

そして少年は体験する。
屋敷の中で起こる様々な悦楽を。初めて味わう、存在の肯定を。
虐げられる快楽を。生の悦びを……
こんにちは。尾張くん→二つ名メーカー→雷帝回路(サークリットリミット)です。

さて先日は素人向けのマコちゃんを紹介したんで今日は玄人向けのこの子を紹介します。
このblogでは初めてとなるPCゲームからの紹介で夢幻廻廊よりたろくんです。

記憶喪失状態で、孤独感と虚無感に苛まれる中、自分を包み込むかのような
館の女主人『九条環』に触れ、その元で働くことを条件として館に住まうことになる。
その際、環によって「たろ」と名づけられた。
どこか不条理な世界の構造と自己存在の狭間で翻弄される中、その行き着く先に
彼が見出すものとは・・・・・・


まあたろくん自体は画像を見てわかる通りの可愛い顔なんで問題ないと思うんですが
上記に書かれてる通りゲーム内の設定、世界観等が異常なんで素人にはお薦めできない。
家畜人ヤプーを元にした世界観、シナリオの肉体的M物ではなく、精神的な部分に
比重を置いたM物(勿論肉体的な物もある)ということでただ女装少年好きー、ショタ好きー
という人間がやるとすぐにやめたくなると思うので極度のM性も上記の性癖に加えM属性も
持ってる人間だけにお薦めします。
体験版は体験版のくせにかなりエゲツないシーンがあるのでやってみて下さい。


拍手レス
>保坂って気持ち悪くない?
保坂は報われないところとか可愛くない?w
正直、そろそろ可愛そうなんで南家に入れてやる展開にしてほしいですな。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

No title

たろとは♪
なかなかに濃いキャラクターを持ってきましたね。
ブラックサイク作品は良くプレイしますよ。
個人的には、闇の声シリーズの小泉もお勧めです。
TSに女装にと色々と動かしやすいキャラクターでもありますしね。
女装少年は受け至上主義なので、M属性も完備されている人です♪

雷帝回路(サークリットリミット)…
格好良いです。
二つ名メーカーはなかなかに面白いですよね。

No title

これは本当に男の子なんですか?

No title

>ミナギさん
闇の声はホラーっぽくて怖そうなので未プレイなんですよねw
>二つ名メーカー
尾張くんより尾張の方で出てきた二つ名の方が好みで悔しかったです。

>チラットマンさん
>これは本当に男の子なんですか?
当然ですよ!
このBLOGはたぶんよっぽどの事が無い限り男の子しか紹介しませんよ(●ω●)
非公開コメント

  

ブログ内検索

最近の記事

つぶやき

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード